2017年12月5日火曜日

雁坂峠の眺め

埼玉と山梨を結ぶ雁坂峠は昔から交通の要衝。峠から道は雁坂嶺を超えて甲武信ヶ岳へと続く。逆は水晶山・古礼山を経て笠取、将監へと続く。
北アルプスの針ノ木峠、南アルプスの三伏峠と共に日本三大峠と呼ばれる。
道中の安全を願って納めた物か、峠から鎌倉から江戸時代まで流通した古銭を山岳ガイドの方が見つけたと聞いた事がある。


2014年2月の大雪の時の峠。「雁坂峠」の看板がかろうじて見えています。


峠から雁坂嶺方向へ少し上がって峠を眺める。正面には水晶山が望めます。
20年ほど前までは山梨県側の笹原は毎年夏には一面のお花畑になっていた。
ヤナギラン、ギボウシ、クルマユリ・・
今では鹿が増えすぎて、ヤナギランは小屋の柵の中だけになってしまった。

峠から水晶山側へ少し下って、登り始めた辺りに「見返り雁坂」の看板がある。
振り返ると峠と雁坂嶺を一望できる。
朝焼けの富士山。峠からは富士山の他、南アルプス北岳、間ノ岳なども眺められる。

良く晴れたときには山梨側の街並みを見ることができる。



3 件のコメント:

栗島正男 さんのコメント...

最高の景色。
生きてる内に、冬場に登ってみたい!。

f isisan さんのコメント...

大雪の峠の写真は長野の学生さんパーティーが、ミズガキから奥多摩まで、全部テント泊で歩かれたときの物です。同じころ、峠と小屋の間が1時間以上かかっているヤマレコがいくつかアツプされていました。

栗島正男 さんのコメント...

以前 雪の後、武甲山で山頂まで5時間掛かった事がありました。普段は2時間も掛からないのに!!。

多分、俺の体力・登山技術じゃ、雁坂の冬は無理だと理解してるけど、「登ってみたいな!!」何て夢見るジジイです。。