2017年10月23日月曜日

雁坂小屋への道


  埼玉県秩父市と山梨県山梨市を結ぶ昔からの道「秩父往還」と奥秩父縦走路が交わる場所にあるのが雁坂峠、標高2082m。
峠から埼玉側に10分下ったところに雁坂小屋があります。地図の左右を見るとちょうど真ん中に雁坂はあります。



秩父側は西武秩父駅から秩父鉄道お花畑駅で乗り換え三峰口駅へ。西武バス・秩父市営バスに乗り川又下車。ここにはあずま屋がありトイレも完備。西武秩父駅から川又への直通バスも1本運行。ただし休日のみ。ここから突出峠ルートを上がる。黒岩ルートを上がるときは、車は広い駐車場のある出会いの丘がトイレも完備していて便利。
山梨側は山梨市駅より市営バス、または塩山駅より山梨交通バスで道の駅みとみ下車。塩山からのバスは運行日を確認の事。車は雁坂トンネル料金所脇の駐車場がトイレもあり便利。雁峠から古礼山、水晶山を回って小屋へ来る道も味わいがあります。この場合は「新地平」バス停下車。道の駅からだと歩いて15分くらいで新地平のバス停へ。

秩父側、川又のバス停を降りて50m程のところにあるオーナーの自宅。旅館は現在やっていないが、雁坂バッチ・手ぬぐいなどはここでも買うことができる。
山の様子や登山道の事なども相談できる。
川又からの登山道はこの先国道140号を山梨側に20分くらい行った右側にある。


小屋からは①雁坂峠への道、②突出峠・川又方向への道、③黒岩・出会いの丘への道、④水晶山・雁峠・笠取方向への道が出ている。
テント場はトイレを過ぎた先にあります。

2 件のコメント:

栗島正男 さんのコメント...

楽しみですね。

雁坂小屋ブログを見て、行ってみょうと考える登山者の皆さんは、今までもこれからも大勢居ると思います。

魅力一杯なブログのリホームに成るのを楽しみにしてます。

f isisan さんのコメント...

「魅力いっぱい」・・・・ううむ、ぜひそうありたいのですが、だんだんマンネリ化してくる昨今。

それにしてもまだ強い風が吹いています。あまり吹かないでほしいなあ。また倒木が増えちゃいますから。