2017年10月20日金曜日

「週刊ヤマケイ」

 どうも今年はお天気に恵まれません。
 夏の長雨。
 そして、「多くのお客様に来ていただける」と期待していた秋も土日は雨模様。おまけにこの週末は台風。
この間、倒木処理をしたばかりなのに。モヤモヤとした気分。何にぶつけたらいいのかわかりませんが、空を見上げています。
 そんな時に目にした紅葉の雁坂の写真。
「週刊ヤマケイ」をご存知でしょうか。
今週号の読者の登山レポート「埼玉山梨県境・雁坂峠」に、林様の投稿写真が載っていました。10月の3連休においでになった時の写真です。ご覧になってください。林様はいつもブログの花の名前などを教えていただいているお客様です。
http://www.yamakei.co.jp/weekly_yamakei/backnumber/html/20171019/Text/20171019.html

 おいでになった時、手作りの「草履、鈴」のストラップを沢山いただきました。ご紹介するのが遅くなりすみません。
 林さんが刺繍糸で作られたものです
「雁坂へおいでのお客様に、足腰のお守り代わり、あるいは雁坂(秩父)記念にしてほしい。」と言葉を添えていただきました。50個くらい頂きました。
小屋番に声をかけてください。

*甲武信、大弛、金峰は19日明け方には5~6cmの積雪になったそうです。雪はその後の雨で溶けたようですが、秋から冬へと移り変わる頃になりました。

寒い季節には「シシ鍋」がお勧め。11月3~4日販売します。詳しくはhttp://karisakakoya.blogspot.jp/2017/10/blog-post_15.html
をご覧ください。

2017年10月18日水曜日

燕山へ・・・

  今年は燕山の話題が続きます。これで最後の予定ですが。
 出来ることなら燕山のてっぺんも登ってほしいと思います。それで小さな小さな案内をちょこっと付けました。そのつもりで見てもらえれば分かります。歩く人が増えればもっとはっきり道になって、そしたら来年はここも笹刈の場所になりますから。
 10月の3連休の登山道巡視の時に作業をしていただきました。
1枚目の写真はご存知燕山のてっぺん。足元に見える四角柱は「三角点」ではないようです。
あれは三角点ではないと思いますよー古そうなので恩賜林か県境の境界杭かと思われます。
その周辺には、古礼山と笠取小屋近くの山にしかありません。笠取山にも三角点は無いはずです。

と、お馴染みのKazuhagiさんに教えていただきました。
これは、雁峠から上がってきて埼玉県が設置した道標の近く。
雁峠まで900mと表示してあるところ。
この道標に「燕山」と彫り込んであるので、「ここかあ」と思い込んで、間違えて「燕山」の看板を付けていたところ。
ここから200m雁坂側へ進んでください。
先ほどの場所から古礼山・雁坂峠方向に進むと森林管理事務所が付けた緑の回廊の看板があります。これにうっすらと文字が見えました。昔から知っている方がマジックインキで書いたんでしょうね。これまで気づきませんでしたが。



手前の樹に案内を付けました。「まっすぐ登っていくと燕山ですよ」とご案内。右は山地図に書いてある巻き道です。










雁坂峠から雁峠へ向かって歩いていくと、古礼山を過ぎてやや登り路で、左に巻き道があります。燕山は真っ直ぐ登っていきます。
 燕山に立つには雁峠・雁坂峠、どちらから歩いてきても真っ直ぐに登って行けば燕山に立てるという事です。

忙しい作業の中、取り付けてもらい
kerolinaさん、ありがとうございました。

2017年10月15日日曜日

再び シシ鍋販売とお知らせ

 5月の連休に好評だった「シシ鍋」を再び11月の3連休に販売いたします。
11月3日・4日の二日間。
どうぞご期待ください。
お待ちしております。









大鍋で作りますが、売り切れしだい終了です。
*「とっておいて」のご要望にはお応えできません。
どうしても食べてみたいという方は、早めにおいでください。
*5月の時の写真です。



*10月10日の「ゆっくりマイマイ」の記事に大変多くの方々からアクセスしていただきました。びっくりするほどの数字上昇におどろいています。ありがとうございます。

【お知らせいたします】
 石渡です。
 2013年から雁坂小屋でお世話になってまいりましたが、今年いっぱいで小屋番の仕事を終わりにさせていただくことになりました。
 「自己紹介」に書いた小屋までの通勤が、車で2時間・徒歩4時間。それが徐々に4時間では着けなくなり、5時間以上かかり、最近は6時間なることも。道をいじりながら登るから遅くなるとは言っても、これではかかり過ぎ。そして昨年発症した四十肩、ウン?五十肩。いや六十肩。…腱板障害。また今年の足首の捻挫。それらの回復も思わしくなく、このような体力的事情で誠に勝手ですが終わりにさせていただきます。
 この後、小屋でお世話になるのは11月2~5日と 23日~26日。あと2回の予定です。

2017年10月13日金曜日

雲海 

 先日の3連休には、やはり雲海がみられました。
左下にちょこっと見えるのが両神山のてっぺん。
海のかなたは右側が男体山・女峰山。
その左に太郎山。
左の山塊のお饅頭をのっけたように丸いピークが日光白根山。その右にツーときてピンと上がって右に下がるのは皇海山。

 水晶谷側も雲海でうまっています。
日の出の位置もだいぶ唐松尾山側になってきました。

 この光。
この色。
今日もいいことが始まりそうな穏やかな朝。
ただただ、眺められることは幸せです。





夜は天の川。
流れ星も写りこんでいます。

*それそれの
「この時間に、ここにいないと見られない雁坂の姿です」

 連休中のスタッフの作業
登山道の笹刈
 倒木もまだ残っていますが
現場までチェーンソーを運んで切ります。
 作業の合間に見上げると、青空だなあ。


*今日で1月1日から285日すぎました。